花火の夜に思い出してしまうあるワンコのこと

夏の夜、遠くでパーンと音がすると、ああ、どこかで花火をあげているのだなあと思います。そして次の瞬間、ある犬のことを思い出してしまうのです。家の近所で飼われていたユキちゃん。もう亡くなってしまって数年がたちます。小ぶりな日本犬で、おそらく雑種でしょうね。玄関の前にダンボールが置いてあって、そこがユキちゃんのおうちでした。雨の日も、雪の日も、玄関の中には入れてもらえず、いつも困ったような顔で外を見ていました。番犬として、24時間玄関の監視をしていたのでしょうね。いつも真面目にお仕事をしていたユキちゃんですが、花火のパーンという音が大の苦手。それが聞こえると、門を乗り越えて、脱走してしまうのです。どうして花火の音がそこまで嫌いなのか、飼い主さんも不思議がっていました。そういえば、自分の亡くなった祖父は花火大会が嫌いでした。空襲の焼夷弾を思い出すからと言っていました。ユキちゃんにも、犬なりのトラウマがあったのでしょうか。キャッシング 金利が安いところは